白髪染め ヘナ

ヘナ白髪染めトリートメント~妊娠中の危険性や癌とローソンの関係は?

白髪を気にせず、ストレスのない快適な毎日!
白髪染めトリートメントしながら健康で丈夫な髪と頭皮を手に入れる方法

2019/07/04

 

インド、エジプト、中国南部、北アフリカなどで広く栽培される、ミソハギ科の植物ヘンナ(ヘナ、Lawsonia inermis、以下ヘナと呼ぶ)。インドや中近東で、葉に含まれるローソン(Lawsone)を利用して、皮膚や髪を染める天然の染料に使うことは、あまりにも有名です。

また、中国伝統医学では、傷の治療や解熱、解毒、抗炎症の薬として使用されるといいます。

 

このように、良い面ばかりを強調するのは簡単なのですが、はたしてマイナス面がどれほどあるのか。念のため、確認しておく必要があるでしょう。

いくら天然の植物といっても、はてしなく無害というのはあり得ないことだし、許容量が常識の範囲内かどうか気になるところです。

 

当記事では、2016年3月に米国ハーブ製品協会(AHPA)から発行された、「メディカルハーブ安全性ハンドブック(以下、「ハンドブック」と呼ぶ)」を参考にして、ヘナの安全性を整理します。

さらに、葉だけでなく、花の成分で判明したヘナの新たな効果を、2つの論文から紹介しました。あまり世間に知られていませんが、驚くべき化粧品が生まれるかもしれません。

 

出典:ハンドブック 表紙

 

本題に入る前に、結論のポイントだけを簡単にまとめておくと、次のようになります。

  • ラットに対する試験では、妊娠中のヘナ使用による、胎児への毒性は認められない
  • 授乳期間中における、ヘナの安全性情報については、不明。
  • 近年の研究では、ローソンに発がん性のリスクは無い
  • 乳幼児および子供には、使用してはならないケースがある。
  • ヘナは、外用のみに使用すること。
  • べラックヘナには、くれぐれも要注意。
  • ヘナの花部に含まれる成分に、「アンチエイジング効果」や「放射線による細胞障害への予防・回復効果」が認められる。

 

なお、当サイト全体の結論を「白髪染めトリートメントしながら健康で丈夫な髪と頭皮を手に入れる方法」に整理しましたので、合わせてご覧ください。

 

ヘナ白髪染めトリートメントの安全性

ヘナの使用による「白髪染めトリートメント効果」とは、どの程度の安全性を前提にした成果なのか、利用するからには知っておきたいところでしょう。

 

妊娠中のヘナ使用に危険性は?

ハンドブックにおける評価の概要は、以下に添付した画像のとおりで、最後の項目として、妊娠中のヘナ使用における安全性(危険性)が掲載されています。

概要に続いて掲載されている、「レビュー詳細」の内容とともに,詳しく見てみましょう。

 

出典:同書 438ページ
(赤線は当サイトによる)

 

出典:同書 439・440ページ レビュー詳細
(赤線は当サイトによる)

 

評価は「妊婦」と「授乳婦」に分けて記述されており、あらためて内容をまとめると、次のようになります。

 

【妊婦】

  • ラットに対して、3段階の用量で試験したところ、いずれにおいても胎児毒性は認められなかった。

  • 3段階のうち、最高用量で、わずかな母体毒性があった。

  • 母体にとって、無毒というためには、一定量よりも少ない必要がある。

(妊娠6~15日のラットに経口投与された、2、7、20mg/kgが、ヒトの場合では1日にどの程度の量に当たるのか、明らかではありません。)

 

【授乳婦】

授乳期間中における、ヘナの安全性情報は、確認されていません。

 

癌とローソンの関係は?

ハンドブックの概要には記述されていませんが、「レビュー詳細」の最後に、「遺伝毒性」という項目があります。

その内容(以下の画像)のうち、赤線部分が、ローソンと発がん性に関する部分です。非常に分かりにくいので、注意深く読む必要があります。

 

出典:同書 440ページ
(赤線は当サイトによる)

 

【補足】

  • in vitro:試験管内での試験。

  • in vivo:生体内での試験。

  • 変異原性(または遺伝毒性):遺伝情報に、変化を引き起こす性質。ここでは、「発がん性」と置きかえてください。

 

要するに、化粧品および非食品に関するEU科学委員会(SCCNFP)は2002年、ローソンの発がん性を理由に、染料として適していないと結論づけたわけです。

問題は、その次の文章(赤下線の部分)に記述されている、「近年の研究では、ローソンの変異原活性の欠如を示している」の意味。「発がん性はない」と、解釈できそうです。

 

そこで、文中のカッコ内にある参考文献「Kirkland and Marzin 2003; Marzin and Kirkland 2004」を、念のため調べておきます。

具体的には、ハンドブックの参考文献に記述されている、「Kirkland D., and Marzin D. 2003. An assessment of the genotoxicity of 2-hydroxy-1,4-naphthoquinone, the natural dye ingredient of Henna.」という論文です。

 

参考文献は、インターネット上で閲覧することができ、画像を以下に添付します。

 

Kirkland D., Marzin D. 2003 Jun 6

An assessment of the genotoxicity of 2-hydroxy-1,4-naphthoquinone, the natural dye ingredient of Henna.

 

出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12787822

 

なお、「2-Hydroxy-1,4-naphthoquinone (2-ヒドロキシ-1,4-ナフトキノン)」とは、国際純正・応用化学連合(International Union of Pure and Applied Chemistry、IUPAC)が定めるローソンの名称。

上の論文では、ローソンを「HNQ」と略しています。

 

【最後の文章(赤の下線部分)】

Henna and HNQ pose no genotoxic risk to the consumer.

ヘナ(Henna、ヘンナ)とローソン(HNQ)は、消費者に対して、遺伝毒性の危険を、全くもたらさない。

 

つまり、近年の研究では、ローソンに発がん性は認められないということです。

 

乳幼児や子供の使用に危険性は?

ヘナは外用のみに使用し、「グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症のある乳幼児および子供の使用禁止」と記述されており、該当する場合は危険性が高いので注意してください。

「グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症」とは、遺伝子疾患の1つで、赤血球がもろくなって貧血を引きおこすものです。

 

出典:同書 438ページ
(赤線は当サイトによる)

 

具体的には、「グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症」の小児に対して、ヘナを使用した後に、遺伝性疾患として知られるソラマメ中毒、溶血性貧血、高ビリルビン血症が報告されているそうです。

致命的な急性腎不全を、発症した例もあるとのことでした。

 

なお、成人による使用で、そのような有害作用の症例報告は確認されないようです。

 

飲む危険性は?

ハンドブックの先頭(禁忌:してはならない)には、「外用のみの使用」と記述されており、飲むと危険性がかなり高いといえます。

レビュー詳細には、「誤ってヘナ粉末を小さじ2杯摂取した、イラク北部生まれの69歳の男性で、溶血、腎不全、心虚血が報告された。」と記述されています。

さらに、「ラットに対してローソンを13週間経口投与した場合、1日当たり20mg/kgを超えると、腎臓、噴門洞、脾臓に影響を与え」との記述もありました。

 

出典:同書 438ページ
(赤線は当サイトによる)

 

ブラックヘナの危険性は?

ブラックヘナの危険性については、他の記事でも何度か取りあげています。同書の439ページには、以下のような意味の記述があります。

 

いくつかのヘナ、特に「ブラックヘナ」として販売されているものは、しばしば皮膚にかぶれが起こり、アレルギー性接触皮膚炎の多くの原因となる。

そのうちのいくつかは、永久的にあとが残る原因となる黒染色剤、パラフェニレンジアミン(PPD)が混合されている。

パラフェニレンジアミン(PPD)は、ヘナ(Lawsonia inermis )に含まれていない。

 

この件について詳しくは、以下の記事をご覧ください。
⇒ ヘナ白髪染めトリートメントの有害ブラック商品に注意してください!

 

ヘナ白髪染めトリートメント~新たに判明した効果

前半では、ヘナの葉の成分であるローソンを中心にして、「白髪染めトリートメント効果」の裏側に存在する危険性を検証しました。後半は、ヘナの花に関して、新たに判明した効果を紹介します。

ヘナの花の部分に関しては、研究や応用例が非常に少なく、ハンドブックにも掲載されていなかったものです。

 

ヘナの基本について、「ヘナ白髪染めトリートメントの効果と安全性~美容院プロがアドバイス!」に整理しましたので、合わせてご覧ください。

 

アンチエイジング効果

フレグランスジャーナルの2013年10月号に、「ヘンナ花部のAGEs生成抑制作用及び糖化環境下での細胞障害への抵抗性改善作用」という論文が掲載されています。執筆者は、京都薬科大学 生薬学分野 中嶋聡一さんと松田久司さんです。

この論文は、ヘナの花に含まれる成分に、アンチエイジング効果があることを示す、希少な研究といえるものです。

 

出典:フレグランスジャーナル
2013年10月号 表紙

 

具体的には、ヘナ花部の成分が、老化に関する物質「AGEs (advanced glycation end products)」の、生成をおさえる働きがあることを示しています。

AGEsとは、食事などで摂りすぎた糖とタンパク質が結びついて生成・蓄積される物質で、タンパク質は本来の働きができなくなって、カラダの機能に影響するものです。ヒトの加齢や健康に関わる物質とされています。

 

インド産ヘナ花部のメタノール抽出エキスに含まれる成分のうち、特にcorosolic acidなどに、AGEsの生成をおさえて細胞を保護するという、アンチエイジング作用を示すことが認められたといいます。

これによって、新たな化粧品原料として、ヘナ花部も期待できるようです。

 

放射線による細胞障害への予防・回復効果

次は、フレグランスジャーナルの2016年7月号に掲載された、「過度の放射線暴露による細胞障害に対するヘンナ(ヘナ、Lawsonia inermis)花部の予防作用」という論文。

執筆者は、京都薬科大学 生薬学分野 中嶋聡一さん、尾田好美さん、中村誠宏さん、古川茉奈さん、大西絵梨さん、松田久司さんです。

 

出典:フレグランスジャーナル
2016年7月号 表紙

 

先ほどと同じように、ヘナ花部のメタノール抽出エキスに含まれる成分(とくにpolygoacetophenoside)が、放射線による細胞障害への保護作用を持ち、しかも細胞毒性は認められなかったそうです。

急に放射線を浴びるというリスクがある中で、放射線による細胞障害を予防または回復するような、化粧品や肌の防御剤の開発に期待が持てそうです。

 

まとめ

ヘナの葉に含まれるローソンには、白髪染めトリートメント効果のある反面、一定のリスクが存在します。通常使用で問題はありませんが、念のためリスクも認識しておいてください。

また、あまり知られていない、ヘナの花部に含まれる成分の、新たな効果も判明しました。

  • ラットによる試験では、妊娠中の使用で、胎児への毒性は認められない。
  • 授乳期間中の、ヘナの安全性に関する情報については、不明。
  • 近年の研究では、ローソンに発がん性のリスクは無い。
  • グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症のある、乳幼児および子供には、使用禁止。
  • ヘナは、外用のみに使用すること。
  • べラックヘナには、パラフェニレンジアミン(アレルギー性接触皮膚炎の原因)の、配合されている可能性がある。
  • ヘナの花部に含まれる成分に、「アンチエイジング効果」や「放射線による細胞障害への予防・回復効果」が認められる。

 

▼さらに詳しくは、以下をご覧ください▼
白髪染めトリートメントしながら健康で丈夫な髪と頭皮を手に入れる方法

 

-白髪染め, ヘナ